ストレス度チェックの結果が悪くなくても要注意

トップページ > ストレス診断でストレス度合いをチェック > ストレス度チェックの結果が悪くなくても要注意

YESが0~6個のあなたは青信号!でも、もしかして…

YESが0個から6個だったあなたは殆どストレスを感じていないでしょう。
仕事や人間関係も良好でプライベートも充実していると思います。
ですが、注意していただきたいのが、今の現代社会でストレスを全く感じないというのは、本当に難しいという事です。
一つも当てはまらない、NOと答えた方は一つ一つの質問の内容をじっくりとイメージしなおしてみてはいかがでしょうか?

場合によっては、「感情の抑圧」というものが強く働いてしまっている可能性があります。
心は「防衛機制」という、心の安定を保ち精神的に破綻してしまうことを避けるために心の安全装置を無意識に作る働きがあります。
もしもストレスを受けているはずなのに「感じていない」という状況だと、この「防衛機制」が大変強く働いているため、ストレスによる感情に気付けないのです。
私たち人間は、自分を見失ったり、混乱状態になるのを回避するために、負の感情を抑えこむ傾向があります。
苦痛や恥辱といった心の負担になりうる感情を味わいたくない、周りに知られたくないと心が感じ、最初のうちはそういった負の感情を意識的に締め出します。
そして繰り返してるうちに無意識にそうするようになってしまい、しまいにはそういう感情があったことすら忘れてしまうようになるのです。これが「感情の抑圧」です。
もしNOと答えた中で少しでも違和感を感じる答えがあったら、自分でも気が付かない新しい発見が見つかるかもしれません。
…YESが少なかった人にもう一つだけ注意点があります。ストレスとは少し別問題になってしまいますが、もしかしたらちょっと傲慢さが強く、こっそり誰かを傷つけているかもしれません。
ストレスがたまりやすいという人は、逆に言えば人の事を気にして考えられる人でもあるのです。(もちろん強すぎるのはよくありませんが…)