子供に対してイライラしてしまったら

トップページ > 育児ストレスを防ごう > 子供に対してイライラしてしまったら

イライラの原因は子供ではない

子供に対してイライラしてしまった経験は多くの親御さんが経験しているでしょう。でも、出来ればイライラを軽減させて育児を楽しみたいですよね。
子供にイライラしてしまったら、その原因を探って一つ一つ潰していきましょう。心に余裕があれば、子供に当たることはなくなります。

母親にとって、イライラの原因が夫であることは多いようです。
夫が休みの日は、休みだからと言ってだらけている、子供の世話は常に妻の仕事で夫は友達と遊びに行く、イライラしてるのに夫がいちゃつこうとしてくるなど。
やはり母親と父親の子供への関心度は違うことが多いので、母親の私はこんな事で疲れている、困っている、と真剣に話し合う場を設けるのが良いでしょう。

夫以外にも家計や仕事、家事、姑…問題があるなら少しずつ改善して行けるようにしていきましょう。
特に子供が乳児期の内は、パートナーとの協力が不可欠です。乳児への悩みを全て共有すると、イライラする事は減るはずです。

子供は思い通りに育たないと開き直る

自分の子供を立派に育てたい、出来れば周りの子たちよりも頭角を現してほしいとあなたも思っているでしょう。
しかし、子供は思い通りに育たないこともあります。素直で良い子に育ってほしいと思って優しく接していたら、突然乱暴な行為を働くようになることも。
親の思い通りにならないからと言って子供にイライラしてしまうと、子供の成長の妨げになるかもしれません。なぜなら、イライラされると子供は自分がダメな人間ではないのかと思ってしまうからです。

子供は外部から様々な事を凄い勢いで吸収します。
何がきっかけで性格が変わってしまうのかはなかなか分かりません。どんな性格になったとしてもそれは個性と受け止めて大丈夫です。
大事なのは、子供の話をよく聞くことです。子供に直してほしい所があるなら良く話し合って解決していくのが一番です。
子供の話を頻繁に聞いていれば、子供はあなたに心を開いてくれます。そうなれば子育てがしやすくなり、育児ストレスを抱えにくいでしょう。